手間もお金も削減できる

>

置き場所を考えよう

この記事をシェアする

なるべく日陰に置こう

ウォーターサーバを含め、家電はみんなデリケートな存在です。
温度変化の激しい直射日光や、エアコンの風が直接当たる場所は苦手だと理解してください。
温度変化がある場所にウォーターサーバを置くと壊れる危険性があるだけでなく、水の温度が変わりやすくなってしまいます。
ウォーターサーバは常に温度を一定にしようと余計な電気を使い、電気代が高くなります。

空きスペースがあっても、窓際やエアコンの風が当たる場所は避けた方が良いでしょう。
どうしても空きスペースが窓際にしかなかったら、別の家具を窓際に置き、日陰のスペースを作ってください。
ウォーターサーバが自宅に届く前に場所を決めて、スムーズに設置できるよう準備しておきましょう。

熱を排出できるようにしよう

常にウォーターサーバは稼働し、水温や水の衛生環境を維持しています。
ウォーターサーバの本体は、熱を持ちやすいと覚えておいてください。
排熱処理も行われていますが、ウォーターサーバの近くに壁や他の家具があると、うまく熱を排出できません。
熱がこもれば、電気代が高くなってしまいます。

さらにウォーターサーバがオーバーヒートを起こし、故障する危険性があるので、壁や家具に密着させることは避けましょう。
ウォーターサーバが壊れたら修理したり、新しいものに交換したりしなければいけません。
もっと余計な出費が発生し、全く経済的ではありません。
このように、ウォーターサーバを置く際の注意点は多いです。
みんなが使いやすい室内のベストポジションを見つけましょう。